借金癖 債務整理

MENU

最悪な借金癖から立ち直りつつある私の話

これから詳しく話しますが、私には借金癖がありました。私は、すぐ借金をしてしまい、そして、苦労して返済し、落ち着くとまた借金をしてしまうような人でした。そういう負の循環からなかなか抜け出すことができませんでした。

 

結論から言いますと、借金癖から抜け出すには、きちんと債務を見直して、計画的に全て返済するしかありません。とりあえず目先の利子だけを返すような生活をしていては、永遠に借金地獄のループから立ち直ることはできません。

 

では、私が借金の悪循環にハマってから、債務整理に踏み切るまでの話をしましょう。

軽い気持ちでクレジットカードを作りリボ払いの罠にハマる

私が初めてお金を借りたのは、就職せずアルバイトで生活していた20代前半の時でした。きっかけは、レンタルショップの会員カードを作った際に、特典があるからとクレジットカード機能付きのカードを勧められたことでした。

 

最初のうちはそのお店のみで使用していましたが、次第にちょっとした買い物やネットショッピングなどでも使用するようになり、手持ちの現金がなくても買い物が出来るという甘い罠にまんまとハマり、いつの間にか毎月の支払いがどんどん膨らむようになっていきました。

 

アルバイトだったために給料もそこまで多くなく、支払いが厳しくなってくると、今度はリボ払いに切り替えました。月々の支払いの負担が少し減り楽になったのですが、クレジット払いの手軽さは辞められず、少しなら大丈夫だろうと、現金が足りなくなるとすぐにカードを使用していました。その結果、リボ払いの金額がどんどん膨れ上がり、いくら支払っても残高が減らないという悪循環に陥ってしまったのです。

 

思えばこの時すでに、私には借金癖の素質があったのだと思います。

クレジットカードのキャッシング枠でさらに借金が増える

その当時私は実家におりましたが、お金のことを両親に相談することが出来ずひとりで抱え込んでいました。どうにか回避できる方法はないかと悩んでいたとき、持っていたクレジットカードにキャッシング機能が付いていたことに気付いたのです。

 

クレジットカードのショッピング枠が50万円。そしてキャッシング枠が20万円。ショッピング枠はもうすでに限界になっていたのですが、まだあと20万は借りられる。しかも現金で借りられるという事で、わらにもすがる気持ちでキャッシングを行いました。

 

クレジットカードもお金を借りている立派な借金ではあるのですが、キャッシングという本当の借金をすることに少し抵抗はありました。でも、クレジットカードのキャッシングは、カードの支払いをする口座に直接希望する金額を振り込んで貰えるため、そこまで借金をしているという感覚がなかったと思います。

 

これをきっかけに、私は複数のクレジットカードを持つようになり、一つのカードの限度額がいっぱいになると次のカード。そしてそれもいっぱいになると次のカード、といった具合に借金を増やしていきました。

 

しかし収入はさほど増えていなかったために、次第に返済が滞るようになりました。私がクレジットカードを複数持っている事や、カード払いをしている事など知らなかった両親でしたが、返済期限を過ぎたカードの請求書が自宅へ届くようになり、黙っている事が出来なくなってしまいました。それでも、遅れてでもなんとか払う事が出来ていたため、払うのを忘れただとか、口座に入れ忘れていただけだとか理由をつけてはごまかしていました。

 

借金をどうしたらよいか分からないけど、弁護士事務所に相談をする勇気がない!という方は、自分の名前を入力しなくてもできる借金シミュレーターを利用してみるという手もあります。とにかく、何か前向きな行動をひとつでもすれば、いつか未来は開けるんです。

 

ヤバいと思った私はいったんクレジットカードを減らす

しかし請求書が毎月のように届くと、バレないように郵便物を自分で取りに行くなどして、余計な心配をかけまいと色々工夫をしていたのですが、やはりもう限界だと思い、カードの枚数を減らす事にしました

 

その当時で私が所有していたカードの枚数は4枚。それぞれのカードに様々な特典が付いていたため、それに惹かれて所有するようになっていましたが、これが大きな間違いで、全くカードの利用金額を把握する事が出来ず、いつの間にか収入よりも返済金額の方が多くなっていたのでした。

 

まず、あまり使用頻度のないカードから削る事にしました。一つは携帯電話の支払いのカード。そしてもう一つはガソリンスタンドのカードです。両方とも目的はそれぞれ一つしかなかったのですが、そのカードでもショッピングなどをしていたため、管理がされていませんでした。

 

もう二度と使用しないようにとカードにハサミを入れ、カード会社に解約の連絡をしました。数ヶ月残りの返済をすることになりましたが、この2つのカードはすぐに無くす事が出来ました。カードの枚数が減り、気持ち的に楽になり、ムダな買い物は極力しないようにしようと決めていた直後、またお金が必要になる出来事がやってきました車検です

車検の費用が払えずとうとう消費者金融に手を出す

当時私は中古の外車に乗っていました。日頃から頻繁に壊れる事が多く、修理代も結構かかっていたのですが、愛着もあり手放せずにいました。その車の初めての車検。車検自体がどれくらいの費用がかかるのかも分からないまま、乗れなくなるのが困るので車検には出したものの、貯金も無かったために支払いのあてが一切ない状態でした。

 

数日して戻ってきた車の請求額は約20万円。振込でも可能だったため、それからお金をなんとか工面しようと必死でした。しかしカード払いは出来ない。キャッシング枠に余裕も無い。両親にも借りられない。悩みに悩んだ挙げ句、とうとう消費者金融に手を出す事になりました。

 

両親にバレないかという不安。そして借りた事のない消費者金融がどういうものか分からないという不安。かなり悩みましたが、もう他に方法がないという切羽詰まった状態でしたので、私に選ぶ余地は全くありませんでした。

 

ネットで簡単に借りられる消費者金融を検索したところ、いくつかの会社名が出てきました。なるべく早く借りたい両親に内緒にしたい。そして、自動契約機を利用しないものを探したところ、CMで目にする大手の会社が目に留まりました。さっそくネット申込をクリックし、必要事項を打ち込み申込をしました。

 

すると数分後、フリーダイヤルから電話がかかってきました。正直電話で話すのには抵抗があったのですが、消費者金融のイメージとは違う、落ち着いた声の、非常に丁寧な話し方をする女性が電話口に出ました。初めてだったので少し緊張しましたが、申込の確認内容をひとつずつ聞かれ、約30分で電話は終了しました。その際に、勤務先への連絡があると伝えられたのですが、これにはとても緊張しました。

あっさりと消費者金融からお金を借りて車検を支払う

その日は勤務日ではなかったので、私は不在だと告げられるのですが、一体誰が電話をとるだろうか、非通知からの着信を不審に思わないだろうかなど、不安でいっぱいでした。

 

先ほどの電話からさらに数分後、再度着信があり、勤務先の確認が取れたとのことでした。そしてこれから審査に入るという事と、振込方法などの説明をされ、すぐに電話は終わりました。申込をした時間が午後だったため、その日のうちに振り込まれる事は出来なかったのですが、翌日指定した口座にしっかり20万円振り込まれていて、無事に車検代を支払う事が出来ました。

 

初めての消費者金融の印象は、お金を借りる事への不安や怖いというものではなく、こんなに簡単に借りられてしまうのか、という軽いものになってしまいました。ちなみにこの消費者金融は、自宅に書類などが全く届かず、返済状況などがすべてネットで行われるため、以前のように請求書が自宅に届くという事もありませんでした。

 

この頃の私の借金は、クレジットカードのショッピング枠が2つのカードで約80万円。そしてカードのキャッシング枠が20万円。それに消費者金融の20万円。合計で120万円でしたが、実際はそんなに借金をしているという実感はあまりありませんでした。しかし、消費者金融から借りてしまったという事実が私の不安をあおり、少しでも借金を減らそうと、カードをもう一枚解約する事にしました。

 

そのカードは最初に作ったキャッシング機能の付いたカードで、リボ払いも膨れ上がったままだったため、なかなか借金が減らない状態でした。しかし、辛抱強く一年近く返済し続け、やっと全て支払う事が出来、手持ちのカードは一枚となりました。

 

これでめでたしめでだし、となるかと思われました。

収入が増えたことで私の借金癖が復活する

その頃、私はアルバイトからちゃんとした仕事に就いていたため、返済もなんとか滞りなくできるようになっていました。もうカードは作らない。そしてこれ以上借金は増やさない、そう心に誓ったのですが、収入が増えた事により返済に余裕が出てくると、またカードで買い物をするようになってしまいました。これぞ、まさに借金癖です。

 

もうこれは完全に負のスパイラルにハマっていたのです。そして、毎月のようにリボ払いをするようになり、ショッピング枠の限度額50万と、リボ払いの限度額まで毎月満額になるようになりました。

 

給料が入れば返済し、手持ちの現金が少ないためにカードを利用する。そして支払額が大きくなるとリボ払いにする。これの繰り返しです。そんな事をしていたため、一向に借金は減らず、貯金も全く出来ない状態が続きました。

 

それから何年かして、以前乗っていた車が頻繁に故障するようになりました。車検も近づいており、どうしようか悩んだ挙げ句に買い替える事にしました。買い替えると言っても、もちろんそんなお金はありません。でも車検に出すお金もない。またあらたに借金する事は目に見えておりましたが、今度は車のローンを利用する事にしました。

 

これなら消費者金融から借りる訳ではないので少し安心だったのです。そして、また中古車でしたが、2年ローンで50万の車を購入しました。月々14,000円の支払いに、40,000円のボーナス払いが年に2回という計算でした。

無謀にも一人暮らしをすることで借金地獄が加速

ここまで、借金を返しながらも、なんとか自転車操業を続けておりましたが、決定的にお金に困り出す出来事が訪れます。それはそれまで実家暮らしだったのを、通勤時間を減らすために一人暮らしにしたことでした。

 

私はなぜか一人暮らしをしてもお金が厳しくならないと勝手に思い込んでいました。その当時ガソリン代が毎月4万ほどかかっていたため、その分が家賃になると思えば十分暮らして行けると思っていたのです。もちろん貯金などない私は、敷金礼金のかからない物件を見つけ契約をしました。

 

家具や家電は学生時代に使っていたものや、知り合いから譲り受けたりして安く手に入れました。しかし、初期費用がどうしても数万かかってしまうため、これは保険の一時的に借りられるお金を借りてしのぎました。

 

そんなことをしながら始まった一人暮らしでしたが、毎月必ずかかってくる家賃は思いのほか負担で、月日を追うごとにお金が足りなくなり、またあらたに消費者金融から借金をするはめになりました。しかし、複数の会社に申込をしていたことや、すでに総量規制に引っかかってしまったため、どこからも借りることが出来なくなってしまったのです。

 

返済日が近づく度に頭の事はお金の事でいっぱいになり、支払いが滞ると職場にまで電話が来るようになっていました。借り入れの申込をする際にも職場へ連絡が行くため、警備の人しかいない土日を選んで申し込むなどしていましたが、個人名での電話にきっと誰かは気付いていたかもしれません。

 

大手の消費者金融はすべて駄目。総量規制対象外の銀行も駄目。さすがに闇金に手を出す事だけは出来なかったため、本当にもうどうする事も出来ないと毎日不安な日々を送りました。

 

しかし、ここでまさかの救世主が現れるのです。総量規制外で借りられるという銀行ローン。それまで何者と断られていたため、もう絶対に無理だと思っていたのですが、まさかの借りることが出来たのです。これには驚きましたが、闇金に手を出す事なく、そして誰にも知られる事もなく返済するお金が用意できて、正直かなりホッとしました。しかもこの会社からは30万円も借りることが出来たのです。

このままでは駄目だと思い債務整理を思い立つ

無事に難を乗り越えることが出来ましたが、さすがにこんな事を繰り返してばかりではいけないと本気で思うようになり、債務整理を考え始めました。過去に何度も債務整理は考えましたが、ブラックリストに載り、5?7年はクレジットカードを持つ事やローンを組む事が出来ないということや、ETCカードが持てなくなるという理由から不便さを覚え、踏み切る事が出来なかったのです。

 

今思えば、もっと早くしておけば良かったとおもうのですが。

 

いざ債務整理を行おうと思っても、複数の法律事務所の中からどれを選べばいいのか全く分かりませんでした。直接訪問する事や、電話で相談する事に抵抗があったため、ネット相談を利用したのですが、これらはメールで相談内容を送ると、電話で回答されるというものがほとんどで、メールを送っては見るものの、フリーダイヤルからの電話をとる勇気がなく、何度も見送ってばかりいました。

 

それに加え、手続きのために事務所を訪問しないと行けない事や、和解するのに時間がかかる事なども私を思い留まらせる要因となり、なかなか前には進めませんでした。

 

それからも債務整理について何度か調べていたのですが、ある日、インターネットの無料相談で債務の検討をしてみた結果、最初に持っていたカード会社も過払い金の対象だということを知りました。過払い金請求を行おうと思っていたところ、ちょうど見つけたのでした。

 

そして本当にそのカード会社の過払い金請求が出来るのかということと、債務整理を行いたいがクレジットカードを手放すデメリットが大きくて迷っている事、現在の借り入れ件数などを記入してメール相談を行いました。

 

そして早速電話がかかってきました。その電話が法律事務所からの電話だという事は分かりましたが、やはりその時は電話に出る事ができませんでした。しばらくして先ほど電話をしました、折り返しご連絡下さいと言った旨のメールが届きました。そして、その時初めて、ちゃんと全てを精算しようと思い、自分から電話をしたのです。

 

弁護士の方と話をするのはとても緊張しました。借金をして苦しんでいるのは自分のせいだと分かっているため、説教でもされるのではないかと思っていたからです。しかし相手の方に事情を話すと、「それは大変でしたね」と私の気持ちを察してくれるような言葉を言ってくれたのです。その一言に私はすっかり安心して、事情を全て話しました。そしてもう自分の力ではどうする事も出来ないので助けて欲しいと頼みました。

良い弁護士と出会い債務整理に踏み出す

最後まできちんと話を聞いてくれた弁護士の方から、私に最適な債務整理の方法をアドバイスしてもらい、最後に「一緒に頑張りましょうね」と励まされ、私は契約をする事になりました。

 

あんなに悩んでいたのが嘘のように気持ちがすっきりしました。結局、過払い金請求だけではなく、すべての借金を清算する形で債務整理を行う事にしました。カードを手放す事も嫌でしたが、そのカードのリボ払いの残高が一番家計を圧迫していたために手放すしか方法がありませんでした。

 

電話での相談はおよそ1時間。びっくりするほど簡単に解決してしまいました。もちろんこれからも返済は続けていくのですが、これまでの利息分、そしてこれからの利息もすべてカットされ、過払い金も多少返還されるために借金はかなり減額されるとのこと。利用した事務所が県外だったために、訪問する事もなく、契約はネットと郵送のみ。あとは電話連絡だけで済みました。

 

本当にあっという間でした。なんでもっと早くしなかったのだろうと何度も思いました。契約してすぐにすべての返済がストップされ、支払い期限を過ぎても電話連絡が来ることはありませんでした。

 

最終的な私の借金は、クレジットカード1社のショッピング50万円。消費者金融A社70万円。B社のキャッシング枠20万円とショッピング枠18万円。C社の30万円。合計188万円でした。
法律事務所に払う料金ももちろんありますが、返済に無理のない金額で分割して頂き、その後の毎月の返済額も一定になるとのことでしたので、少し時間はかかりますが、なんとか借金地獄から立ち直ることが出来そうです。

 

正直言って、もっと早く債務整理をすれば良かったと思っています。借金を繰り返している間は、立ち直る事を放棄していたと言っても過言でもありません。こんな私がまさか立ち直りへの道を歩きはじめるとは思ってもいませんでした。正直、遅かったですが、今できるベストを尽くすしかないのです。

 

借金をどうしたらよいか分からないけど、弁護士事務所に相談をする勇気がない!という方は、自分の名前を入力しなくてもできる借金シミュレーターを利用してみるという手もあります。とにかく、何か前向きな行動をひとつでもすれば、いつか未来は開けるんです。